年齢制限や時間制限も事前に確認をしてアカウントの登録を

NO IMAGE

若い世代から憧れを持たれるような稼げる個人事業主ドライバーたちの影響を受けて、自分もライバーになってみたいと考える人は増えています。

でも稼げるライバーはほんの一握りで、特別な資格や技術を持っていなければできないと思っているならそうではありません。
取得するべき資格も何かの免許なども不要、スマートフォンさえあればライバーデビューをすることができます。Androidだけと限定されることなくiPhoneでもOK、ほとんどの人が持つことになったスマートフォンを使い、LIVE配信アプリをインストールして登録するだけです。始めるのはすごく簡単なのもLIVE配信、個人事業主レベルでかなり稼げるライバーになるには配信内容のクオリティの高さは求められます。

アカウントを必要とするのもライバー、LIVE配信を始めると全く知らないたくさんのユーザーたちとの交流がスタートです。毎日繰り替えす当たり前の日常の中では、なかなか出会えないような人と知り合う事にもなります。

交流が活発なのは良いことですが、それは不特定多数の人になります。安全性を考慮する必要があるのが運営会社側、そのため利用者たちがカウント登録をするにあたり、配信時間の制限や年齢制限を決めていることもあるので事前に要確認です。

大人世代はもちろん何の問題なくアカウント登録できたとしても、ティーンエイジャーになると年齢的なことが関わってくるケースが多くなります。
しかし年齢制限を設けていたとしても、保護者などがきちんと同意をするなら、アカウント開設ができるLIVE配信もあるため探してみることです。18歳以上や13歳以上からの利用が可能というアプリもあれば、アカウント登録に関して年齢制限を設けていないケースもあります。ライブ視聴に関しては全年齢で可能なことが多いですが、それでも事前に確認をすることは忘れません。

単に楽しく配信ことを目的にするのか、稼げる個人事業主レベルのライバーを目指すのか、あるいは途中から本気で稼げるライバーを目指すのか、目的は実に人それぞれです。まずはアカウント開設をしてみること、LIVE配信などの動画ビジネスは今やだれにとってもハードルの高いものではありません。

LIVE配信をする時間帯についても制限があるケースは多く、たとえば早朝の5時から夜の22時までといった具合です。丑三つ時の深夜に配信をしたいと考えても、それができないこともあるので、時間帯に関しても確認して自分にとって使いやすいアプリを選択します。